先輩社員の声1

総合職

横内支店

営業係

katsumata yamato

勝又 大和

2011 年入社

経歴

平成23年度入庫
矢倉支店・横内支店で営業係を担当

現在の仕事内容

入庫6年目の私は、現在営業係として法人企業や個人のお宅へ定期積金の集金業務を中心に定例訪問を行っております。具体的には、預金や融資、預かり資産(投資信託・保険等)など様々なご相談を受け、お客さまのご意向に沿ったご提案をさせて頂いております。信用金庫の業務は、預金業務、融資業務、預かり資産業務の大きく3つの業務に分けられます。営業係には「行動力」「誠実さ」「地道な活動」が必要不可欠です。お客さまは私達営業担当を良く見ており、日常の会話や行動がお客さまとの信頼度を高めます。営業係はお客さまと接する機会が最も多く、どの業務においてもスペシャリストでなくてはなりません。
何か夢をお持ちのお客さまがいらっしゃればその夢の実現に向けてサポートができる営業担当・何か不安を抱えているお客さまがいらっしゃればその不安を取り除くことができる営業担当が私の理想とする営業マンです。

先輩職員の1日。画像その1です

先輩職員の1日。画像その2です

仕事の「やりがい」や「喜び」

営業係である私は、今まで取引の無い法人企業や個人のお客さまと新しく取引を開始していただけるよう日々開拓活動を行っております。現在、静岡県中部地区には当金庫の他に3つの信用金庫をはじめ都市銀行や地方銀行等が営業しており、必然的に他行庫と競合することがあります。
そのような状況のなかこんな事例もありました。当庫とはまだ取引の無い法人企業で、訪問当初は借入する予定はありませんでしたが1年以上通い続けました。すると代表者の方から「設備投資を検討していて、資金をどうしようか考えていて・・・」というご相談を頂きました。すぐに上司へ報告するとともに、自分の考えと上司からの意見を参考にお客さまへ融資のご提案をすると、「いろいろ悩んだけど勝又君は熱心に足を運んでくれるし、アドバイスも的確だから今回は勝又君にお願いするよ。」と金利以外の面でメリットを感じて頂くことができ、成約へ繋がった事例がありました。そのお客さまの業績は上がり、お客さまは「静清信用金庫の勝又」を選んでくれたのだと達成感を感じることができました。営業係は、自分がお客さまにとって有益な人物であると納得して頂く事が大切です。そして、お客さまのパートナーとして選んで頂いたからには、全力でお客さまの傍に寄り添っていくことも大切です。それが信金マンとしての喜びであると思います。

静清信用金庫の「社風」や「雰囲気」

静清信用金庫の経営理念は「1.地域社会の繁栄に貢献する2.お客さまの信頼にこたえる3.よき信用金庫人をめざす」です。経営理念の通り、静清信用金庫は地域のお客さまと共に発展していこうと、職員全員が活動しております。職員は明るく活気があり、切磋琢磨して互いに高め合う環境が整っております。先輩職員からの後輩指導は特に力を入れている為、入庫間も無い職員でもすぐに多くのお客様と様々な会話ができると思います。
地域行事にも積極的に参加しております。特に毎年4月に開催される「静岡祭り」、8月に開催される「清水みなと祭り」では職員が連を作り、地元の祭り参加者と一体となって地域の活性化に貢献しております。
部活動も活発です。運動部、文化部と幅広いジャンルのクラブが存在します。特に運動部においては、年に一度県内信用金庫全体での大会があり、名誉を勝ち取るべく練習に打ち込んでおります。ちなみに私は野球部に所属しており、毎週練習と試合で汗を流しております。

トップへ戻るボタン