先輩社員の声1

総合職

登呂支店

営業係

ota shino

太田 紫野

2013 年入社

経歴

平成25年度入庫
片羽支店・登呂支店で営業係を担当

現在の仕事内容

総合職とは、営業・企画等の幅広い業務を行う職種ですが、現在は「営業係」として働いています。営業係は担当地区が決まっており、その地区内の個人や法人のお客さまに対して、バイクに乗って訪問し、営業活動を行っています。訪問した際には、預金・融資・投資信託・保険等、それぞれのお客さまに合った金融商品を提案していきます。
また、お客さまから相談を受けることもあります。お客さまから相談し易いと思って頂けるようにコミュニケーションをとり信頼関係を築くこと、そして頼り甲斐のある営業担当と思って頂けるために知識を身に付けることも大切な仕事です。

先輩職員の1日。画像その1です

先輩職員の1日。画像その2です

仕事の「やりがい」や「喜び」

現在の営業担当の仕事は、個人や法人のお客さまと様々な方と幅広く関わるので、今まで知ることの出来なかった分野の世界を知ることが出来ます。特に事業をされている方からは、その業種のことに関して私たちが教えて頂くことの方が多くとても刺激的です。お客さまのことを知ることによって「役に立ちたい」という気持ちも強く芽生えてきます。
そして、お客さまとの間に信頼関係が構築できたと実感できた時は喜びを感じます。数ある金融機関の中で、お客さまから当金庫にお金の相談を持ち掛けて頂けることは、とても嬉しいことです。同時に、その相談に対して全力で応えている時に強いやりがいを感じます。また、私の業務の1つに、当金庫と全くお取引のないお客さまに取引を始めて頂く「新規開拓」があります。何度も訪問し折衝を重ねていくのですが、強い緊張と不安を伴います。しかし、当金庫の良さを知って頂き、お取引を始めて頂けた時の喜びはひとしおです。

静清信用金庫の「社風」や「雰囲気」

「街が好き、人がすき」という金庫メッセージの通り、快活で親切な職員が多いと思います。お金を取り扱う仕事なので、緊張感や厳しさは当然にあります。しかし、仕事で行き詰まっている時は、先輩や上司の方が相談に乗ってくれたり、どうすれば問題を解決できるか親身に考えてくれます。辛い時もありますが、「明日も頑張ろう」と前向きになれる雰囲気があります。職員同士でコミュニケーションを活発に取り合う機会も多いです。昼休み等に趣味について同僚や先輩と話したり、厚生会活動を通して他店舗の職員と交流もあります。また、公私共に充実させることに前向きな人が多いと思います。私自身、年に1度取得出来る5連続休暇制度を使って、海外旅行をすることを楽しみして、日々の仕事に臨んでいます。

トップへ戻るボタン