先輩社員の声1

総合職

経営相談部

中小企業診断士

shinohara hiroki

篠原 大記

2003 年入社

経歴

平成15年度入庫
3店舗で営業係を担当。その後、融資係、営業代理を経て、中小企業大学校の研修出向。現在、中小企業診断士として経営相談部に配属。

現在の仕事内容

私の所属する経営相談部では、中小企業診断士の資格を活かし、お取引先の多様な経営課題に対して、課題解決のお手伝いをしております。
中小企業診断士を目指したキッカケは、営業係として中小企業の経営者の方と向き合うなかで、「もっと自分に出来ることはないか。」「中小企業のお役に立てることはないか。」と考えるようになりました。そんな中、中小企業診断士の資格を持つ先輩職員と業務を行う機会があり、その先輩職員の仕事振りを目の当たりにし、私も中小企業診断士のスキルを身に付けたいと考えました。
中小企業を取り巻く環境は複雑化しており、中小企業の経営課題も多岐に渡っております。中小企業経営者と向き合い、お取引先企業の課題解決に奮闘しております。

先輩職員の1日。画像その1です

先輩職員の1日。画像その2です

仕事の「やりがい」や「喜び」

私共、信用金庫は地域経済を牽引し活性化していく役割を担っております。地域の発展無くして、当金庫の発展・成長はありません。地域のみなさまの期待に、応え続けていくことが信用金庫職員の使命と考えます。
お客さまと全力で向き合い、努力をした結果として、お客さまに喜ばれることが一番のやりがいであり、仕事の喜びを感じます。

静清信用金庫の「社風」や「雰囲気」

私が中小企業診断士の資格取得にチャレンジできたのは、当金庫にはチャレンジする職員を応援する風土と支援体制があったからです。当金庫では、中小企業診断士の資格取得に対して、1次試験合格のための1年間のスクーリング派遣から資格取得まで支援があります。中小企業診断士の資格以外にも、様々な資格取得に対する支援体制が充実しており、頑張る職員を応援してくれる環境があります。
静清信用金庫には、失敗を恐れず、チャレンジできる風土があります。積極的に考え行動することができる雰囲気があり、前向きな行動による失敗に対しては、上席者の支援をはじめ、職員全員がフォローをする団結力のある職場です。

Q.中小企業診断士の資格を取得するには?

まず、中小企業診断士の受験の流れ(当庫の場合)を説明します。
約1年間のスクーリング(休日に専門学校へ通い、勉強する)の後、1次試験を受験します。1次試験に合格すると中小企業大学校への受講権利が与えられ、筆記・面接試験を合格すると中小企業大学校東京校での研修を半年間受講します。(この期間は東京で寮生活を送ります)無事に研修を終えると中小企業診断士の称号が与えられます。難関と言われている診断士の試験ですが、せいしんはチャレンジする職員を積極的に応援しています。

トップへ戻るボタン